top of page

12/01更新「季節のメニュー」



ようやく野も海も冷え、秋の食材の「名残り」から冬の食材の「走り」を越え「盛り」へと移り変わりました。

冬の食材第一弾として、サバ、タラ、白子、春菊、エビ、貝類を酒肴に仕立てました。

個人的に、

(最近、煮凝り食べてないなあ)

と思っていたのでタイのカブトをほどいて、さっぱり味の煮凝りに仕立てています。



炊き込みごはんは完全新作。

分かりやすさから「アヒージョ」と書いていますが、正確にはスペイン・バスク地方の料理「ピルピル(タラのオリーブオイル煮)」をヒントに酒肴を試作→スピンアウトで生まれたメニューです。

白ワインにも合うと思います(2F席でしか扱ってないけど)。


Kommentare


bottom of page