徳利氷冷桶の磨き

完成から2年が過ぎて、手に馴染んできた「徳利氷冷桶」。とはいえ、汚れも目立ってきたため職人さんの手を借りる。

見違えてぴんと張る木肌。

ふたたび匂い立つサワラの樹香。

水化粧の吸い込みもよく、こざっぱりと色っぽい風情を取り戻した。

手入れされた道具のベッピンぶりに、改めて惚れ直した夜。




湯島天神下 シンスケ