「東京人」誌2021年1月増刊号

まるごと一冊「三菱と東京の150年」企画号にて、岩崎弥太郎直系の末裔であり、シンスケのご常連だった故・岩崎寛弥氏について、ご親族と作家さんの対談に同席。

今年は氏の十三回忌でもあり、ご親族の承諾を得たうえで、生前のお人柄についてメディアにはじめて口を開いた次第です。

湯島には、個人の身でノブリス・オブリージュを背負おうとした人物が静かに暮らしていたことを、その肩書ではなく人柄をして「殿(との)」と呼び親しんだお爺さんが居たことを、みなさんに知っていただきたく思います。


湯島天神下 シンスケ