居酒ノ場

一階カウンター席

「居酒(いざけ)」とは【居ながらにして酒を呑む】という、飲酒行為そのものを示す江戸ことば。

​ ※銭湯での「入浴」、喫茶店での「喫茶・喫煙」と同じく自動詞です

ポストコロナのこの時代、ヒトとヒトが空間を共にする酒場はどのように存在すべきか。

親しき仲との「宅呑み」「リモート呑み」とは違う「外呑み」でしか味わえない心のゆるめ方。

それがきっと「居酒」なのだと思います。

一階はこれまでもこれからも「居酒を憩う場」として商い続ける所存です。

湯島天神下 シンスケ