​シンスケの試み

2021/10/26  長いお別れ(仲條正義氏を偲んで)
 

IMG_0722.JPG

2021年10月26日。

グラフィックデザイナーの仲條正義さんが逝去された。

伝説の企業文化誌「花椿」をはじめとする資生堂の各種デザイン、さらには東京都現代美術館ロゴ、銀座松屋「MG」などなど街を彩る数々のアイコンを形にしてきた氏は、東京芸大の学生だった時代から足しげく通われるご常連。

そのご縁のおかげで、シンスケ店内のさまざまなデザイン、湯島天神町二丁目町会の祭半纏、はては当代の伴侶紹介&仲人までディレクションしていただきました。まさしく公私にわたる恩人です。

とくに思い出深いのは、一階席に今も残る【一枚板のカウンター】探し。

「酒場のカウンターはさ、コの字じゃなくて、すかっとまっすぐ一枚板が気持ちいい。これだけは諦めちゃダメだ。絶対になんとかして探そう!」

そして、父と一緒に「そんな長さの一枚板なんて見つかりませんよ」と泣きを入れる大工にカツを入れ、木場中の倉庫を洗いざらい捜索。

神社の鳥居用に眠っていた台湾ヒノキを探り当てて、1940年代当時の新装開店にギリギリ間に合わせた・・・というウルトラCのエピソードです。

ナカジョーさん、あなたがそうやって設えた空間では、たくさんの人々があなたの手掛けた徳利を掌で包み、数えきれない杯に酒を注いできました。

これまでも、これから先もずっと。

江戸東京の手酌文化を未来へつないでいきます。

ありったけの感謝を込めて。

​「さようなら、まーちゃん。いつかそちらで」

​R.I.P.

以下は2014年5月27日に「祭半纏」について書いた個人SNSの記事です。

​ナカジョーさんのオフィシャル外の仕事ですが、彼の美学が明白なので、この機会にお披露目させてください。

10277536_268443543335774_5214418068574614314_n.jpg
10174888_268443556669106_8743697425514706361_n.jpg

☆コール・ドュ・ミコシ

我が町会【湯島天神町二丁目】の祭半纏は、三十数年前デザイナーの仲條正義さんに手掛けていただいたものだ。

まるで戦闘機の海上迷彩(スプリッター塗装)のような藍と白のモザイクは、時代を超えて今なお清々しい。だが、この半纏の真骨頂は、着た担ぎ手全員が神輿に取り付いた時。

前からはもちろん、横に背後に360度、近目遠目から眺めても必ず【斜に2本の白線】=二丁目であるサインが一目瞭然となっている。いわば「個人」ではなく「群体」として際立つための衣装デザイン。

そして興味深いのは、最初から経年の色合いが前提ということ。藍染めはふつう、染めたての濃紺色と匂いが粋とされるが、自分が三年前に復活させた新品より、藍が抜け切った年季物のほうが明らかに馴染んでいる。

いまや町内の個人宅は減少し続け、もはや他町の担ぎ手にご協力いただかないと神輿を出すこともままならない。でも、いつかは昔のように100%町内半纏で神輿を担いでみたい。

10366090_268443596669102_1110112242510284365_n.jpg

2021/10/01 だれかの「ふだん」がもどるころ

IMG_0613.jpg

2011年3月11日。
未曽有の出来事に震撼し、当日このまま店を開けるべきか躊躇。
しかし、父は迷わず行燈に明かりを灯し、縄のれんを掛けた。


「こんな時こそふだん通りにするんだ。これほどの揺れとあんな映像観たら誰だって冷静じゃいられない。電話も交通も通じないうえ、どこもかしこもシャッターが降りて電気が消えていたら、心がおかしくなってしまう。俺たちが変わらず店を開けることが、きっと誰かの大丈夫につながる」

パン屋はパンを焼き、床屋は髪を切り、銭湯は湯を沸かし、酒場は酒を温める。
我々の「ふだん」の生活は、誰かの「ふだんの仕事」の積み重ねによって出来ていることを、そして自分がそんな仕事をしていることを、あの日はじめて意識しました。


2021年10月1日。
「非常事態」の終わりを告げる酒場の再開。
もうすぐ83歳になる父に無理言って、口開けの縄のれんを掛けてもらいました。
淡々とした彼の背中をもって、リオープンのご挨拶に代えさせていただきます。​

シンスケ当代亭主

2021/07/01 まん防に独酌無頼酒
buraizake.png

​酒類の提供は7時で締め切り、8時には店仕舞いせよ。
来客は最大2人までとし、飲食時以外はマスクを外すことなかれ・・・。

正しさへの「義務」と「権利」のあいだで心は揺れ、窮屈さに苛まれがちなこのご時世。

しかし、そもそも自由とは規制の中でこそ際立つもの。
かつての江戸っ子も、贅沢禁止令時には《服の表地は質素、だけど裏地に凝る》ことで凌ぎ、イカノボリ(凧揚げ)禁止令時には《名称をイカ→タコに変更》してやり過ごしました。
では、2021年夏の居酒屋ではどんな振る舞いが伊達だろうか。

「らっしゃい。旦那なんにしましょう?」
「オヤジ、酒。あと肴は見繕って」
時代劇の《寡黙な剣豪が酒肴を注文》する例のシーンに、そのヒントを見出しました。シンスケは、まん防下における酒場の楽しみ方として【独酌無頼酒】を提案します。

2021/06/21 雨見酒と雨音酒
nagosi.png

6月21日。

季節は、いつのまにか立夏を通り過ぎて、気がつけばもう夏至。
青かった若葉は色濃く茂り、ツバメは子育てを終えて旅立つも、ひまわりと入道雲にはまだ早い。
名残りの梅雨空に、アンニュイさを感じがちなこの時候。
ならばいっそのこと、【雨見酒】【雨音酒】と洒落込んでみませんか。


シンスケでは「てるてる坊主」の代わりに、「水滴模様の風鈴とゆるカエル像」にて逆に雨乞い。
今ならでこその、潤いの一献を提案します。

2021/03/20 yoi-asobiのススメ
yoiasobi md.png

yoasobiヨルシカできないからずっと真夜中でいいのに
音楽のシーンではいま「深夜」がもっともホットな時間帯ですが、酒場のシーンではご時世の必然もあって「浅夜」を堪能するのが吉。

江戸時代を振りかえってみれば、夜の概念は時間によって、

「暮れ(夕)」→「宵」→「晩(夜)」→「夜半」→「未明」→「暁(明け)」

という言葉でグラデーションしていきます。


オンとオフ、昼と夜が切り分けられていた現代だからこそ、そして夜更かしに無理が出てきた昨今だからこそ、「浅夜」である「暮れ→宵」という時間帯を再発見してみませんか。
 

そう考え、試しに非常事態宣言期間中を「17時開店→暮れ4つ(16時)開店」に早めてみたところ、ほとんどのお客様から共感と好評をいただきました。
シンスケは、酒場=大人の遊び場として【令和は酒場で宵遊び】と提案します。

2020/10/01 外晩酌→内晩酌のハシゴ酒
takenoko.jpg

【晩酌】とは「夕餉(夜ごはん)の時に酒を呑む」行為そのものを指す江戸ことば。つまり、酒場で呑むのも、自宅で呑むのも同じ晩酌であり、違うのは場所だけというわけです。

そう再発見した時、【ハシゴ酒】に新たなイノベーションの余地を感じ取りました。すなわち「外での晩酌→内での晩酌」へのハシゴです。

これまでハシゴ酒というと、

酒場 → バー → ラーメン

レストラン → カフェ → クラブ

というようにすべて外店舗を利用するのが普通。​しかし、リモートワークや外食営業短縮要請などで帰宅が早まった昨今、二次会を独酌(あるいは宅飲み)にすることこそ「家族の結束」や「自己防疫」につながるのではありませんか。

(飲食店舗に限らず、仕事場→自宅のあいだでどこかに寄り道することは、精神衛生上だいじなことだと思います。誰しも課せられた役割を脱いで、素の自分になる時間が必要ですから)

シンスケは炊き込みごはんや肴の【折詰め】を通して、独酌と家族のだんらんの連結を応援します。

2020/07/01 1F席でも「晩酌」開始
3consept.png

一階席はこれまで通り【ストイックな飲酒処】であろうと、晩酌用の土鍋ごはんは二階席のみに限定しておりました。しかし、「明日の朝ごはん用に持ち帰れないか?」「釜めしのように酒の肴としてメシを食べたい」というご要望をあまりにも多く頂戴いたしましたのでコンセプトを変更。

どの席でもご注文いただけるように致しました。

2020/06/01 NEXT100プロジェクト
next100top.png

2020年4月の非常事態宣言により丸2か月臨時休業。
その時間を活用して、2024年の創業100周年に向けて進めていたプロジェクト【NEXT100】に全力集中。コロナ対策として規制の緩和もあり、前倒しで発表することが出来ました。
江戸時代の価値観である「居酒」「晩酌」「枡酒」という3キーワードの再発見を提案する試みです。